カジノ速報

カジノニュースやギャンブル、お金、お金儲けに関する情報をまとめています

「 オンラインカジノまとめ 」 一覧

Youtuberヒカル、競艇で300万勝ちwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 casino
1: カジノ速報 2017/07/20(木) 20:10:57.57 ID:HvkfmsrQx
https://www.youtube.com/watch?v=SANqqBmtqT8

【Youtuberヒカル、競艇で300万勝ちwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

【IR】<カジノ>仲介業者を排除、全面禁止に 政府が方針 資金洗浄防止狙う

 casino
1: ばーど ★ 2017/06/22(木) 09:19:43.84 ID:CAP_USER9
政府は21日、カジノを含む統合型リゾート(IR)について、カジノ運営を一部委託されて富裕層向けにサービスを提供する仲介業者(ジャンケット)を、全面的に排除する方針を固めた。 顧客がお金をやり取りする相手を免許制度に基づくカジノ事業者だけに限定し、運営委託を禁止する。

暴力団などの反社会的勢力によるマネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐ狙い。今秋の臨時国会への提出を目指すIR実施法案に盛り込む。 マカオなど海外のカジノでは、運営業者以外にも仲介業者が政府から免許を受けて営業。 カジノの一部を「VIPルーム」として借り上げ、資金力の高い顧客にカジノサービスを提供するほか、顧客に代わってカジノ事業者から賭け金を借り入れるなど、手数料収入も得ている。

だが、こうした仲介業が不透明な資金の流れやギャンブル依存症を誘発する懸念があることから、政府は仲介業の全面禁止に踏み切ることにした。 政府関係者は「有力なカジノ事業者は独自に顧客を管理する能力があり、仲介業者は必要ない」と説明する。

さらに政府はギャンブル依存症防止などのため、カジノへの入場回数に上限を設け、入場料も徴収する方針。 日本国内に住民票がある人については、マイナンバーカード(個人番号カード)による入場管理を検討している。また未成年や暴力団関係者の入場や、IR区域外でのカジノ広告も禁止する。【松倉佑輔】

配信 2017年6月22日 07時00分 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170622/k00/00m/010/158000c

関連スレ 【社会】ギャンブル依存症の防止策 マイナンバーカードを活用、カジノ施設への入場回数を制限することを検討…政府の有識者会議 http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497922425/

【【IR】<カジノ>仲介業者を排除、全面禁止に 政府が方針 資金洗浄防止狙う】の続きを読む

【フィリピン】カジノ襲撃の銃撃犯は元財務省職員でギャンブル依存症…ISは無関係と警察発表

 casino
1: コモドドラゴン ★ 2017/06/05(月) 15:31:32.65 ID:CAP_USER9
 【マニラ=大重真弓】フィリピンの首都マニラ近郊の複合施設「リゾーツ・ワールド・マニラ」内のカジノで客ら少なくとも36人が死亡した銃撃放火事件で、同国の国家警察は4日、カジノに発砲、放火して死亡した男はマニラ市内のフィリピン人で元財務省職員のジェシー・カルロス容疑者(42)と発表したと地元メディアが伝えた。

 カルロス容疑者は2012年、財務状況の不正申告で財務省を解雇されたという。3人の子どもの父親だが、ギャンブル依存症で、財務省を解雇された後も、高額の賭け金で遊んでいた。銀行には400万ペソ(900万円相当)の借金があったという。

 カルロス容疑者が4月に複数のカジノで出入り禁止にされていたことから、警察は、事件の動機がカジノに対する復讐ふくしゅうだった可能性もあるとみている。この事件ではイスラム過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出したが、警察は改めてテロではないと強調した。

2017年06月05日 13時06分 朝日新聞 http://sp.yomiuri.co.jp/world/20170605-OYT1T50059.html?from=ytop_main4

【【フィリピン】カジノ襲撃の銃撃犯は元財務省職員でギャンブル依存症…ISは無関係と警察発表】の続きを読む

「わりぃ、俺ポーカー強いんでね。はいストレートフラッシュ」←こういう描写

 trump
1: カジノ速報 2017/05/18(木) 07:23:50.72 ID:TlsnwAMD0
運じゃん

【「わりぃ、俺ポーカー強いんでね。はいストレートフラッシュ」←こういう描写】の続きを読む

【ビジネス】セガサミー、日本のカジノ参入は大都市型で=社長COO

 sega
1: 峠 ★ 2017/05/11(木) 20:40:58.86 ID:CAP_USER
 セガサミーホールディングス (6460.T)の里見治紀・社長兼最高執行責任者(COO)は
11日、日本のカジノを含む統合型リゾート(IR)について、同社としては大都市型の施設運営の
参画に意欲を示した。

 都内で開催されたIR関連イベントで記者団に述べた。

 里見社長は「プライオリティとしては大都市型をやりたいと思う」と述べた。地方型のIR参画については、
運営が解禁されるロケーションが増えて、「チャンスあれば」とした。

 国内でIRを開業できる立地は未定だが、現時点では大阪府(大阪市)、横浜市などが大都市型IRの
誘致に前向き。地方型では、北海道(苫小牧市、釧路市など)、和歌山県(和歌山市)などが前向きで、
同日まで開催のIR関連イベントでも、国内外の関係者に誘致の説明を行った。

 セガサミーは、韓国のカジノ運営会社パラダイス社とともに同国初のIR、「パラダイスシティ」を開業し、
出資比率はパラダイス社55%、セガサミーが45%となっている。

 日本のIR運営で過半数を握りたいかについて問われ、里見社長は、IRのオペレーションで
「大きな比率を握れればいい」とコメント。その上で「(50%超保有)できればいいと思う。
それに向けて準備している」と話した。

 日本でカジノ運営は違法だが、昨年末、合法化に向けた第1段階であるIR推進法案が成立した。
今年12月までにIR実施法案が国会に提出される予定で、税率やマネーロンダリング(資金洗浄)対策などの
詳細が固まる見通し。

ソース ロイター 5/11 18:40
http://jp.reuters.com/article/sega-sammy-casino-idJPKBN18713E

【【ビジネス】セガサミー、日本のカジノ参入は大都市型で=社長COO】の続きを読む