カジノ速報

カジノニュースやギャンブル、お金、お金儲けに関する情報をまとめています

「 企業 」 一覧

【IR誘致/大阪】変貌なるか夢洲 京阪、京都に直通 近鉄、海遊館移転 IR・万博誘致にらむ 再開発を検討

 oosaka
1: ばーど ★ 2017/07/21(金) 17:17:14.30 ID:CAP_USER9
大阪府・市がカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に成功した場合、予定地の夢洲(ゆめしま)への交通網など再開発が進みそうだ。 京阪ホールディングス(HD)は京阪中之島線を地下鉄中央線に接続、夢洲―京都間のアクセス鉄道にする。 近鉄グループHDは水族館「海遊館」の夢洲移転を検討している。IRと国際博覧会(万博)は関西経済浮揚の起爆剤として期待されており、人の流れも大きく変える可能性がある。

京阪HDの加藤好文社長は「夢洲へのIR誘致が決まれば、中之島駅から南西に進んで地下鉄中央線の九条駅につなげる」との考えを明らかにした。 これまで中之島線はJR西日本と阪神電気鉄道の駅がある西九条駅まで延ばす構想だった。

京阪神の中長期的な鉄道網を示した近畿地方交通審議会の2004年の答申では、神戸や関西国際空港方面への移動が便利になるとして西九条駅までの整備を検討する必要があると結論づけた。 九条駅への変更について加藤社長は「九条駅で中央線とつなげば、京都とIRのある夢洲が結ばれる」と説明する。夢洲―祇園四条を1時間強で結び、京都観光で訪れた訪日外国人を夢洲に運ぶインバウンド路線にする。

近鉄グループHDは海遊館を天保山地区から夢洲へ移転することを検討している。海遊館は大阪湾ベイエリア開発として1990年に開業し、2015年に近鉄グループHDが経営を引き継いだ。 年間入場者200万人以上で、周辺には観覧車や商業施設などがあり、多くの観光客が訪れる。海遊館では大規模改修を計画するが、巨大水槽など改修費が高額になる見通し。このため「移転も選択肢の1つ」(幹部)という。

夢洲への交通手段は現在は自動車に限られている。IRと万博が決まれば、公共交通の整備も一気に進む。大阪市営地下鉄は計画を凍結していた中央線のコスモスクエア駅から夢洲までの延伸工事に着手し、24年の運行開始を目指す。 JR西日本も桜島駅止まりだった桜島線を夢洲まで延ばすことを検討する。このほか夢洲と舞洲をつなぐ橋の車線を4から6に広げる。関空や神戸空港から夢洲を船で結ぶ航路もできる可能性がある。

■IR開設地 18年以降決定

カジノを含む統合型リゾート(IR)は今秋の国会でIR実施法が成立すれば、2018年以降に開設地域が決まる予定だ。国際博覧会(万博)は18年秋の博覧会国際事務局(BIE)総会で開催地が決定する。 経済団体や自治体で構成する夢洲まちづくり構想検討会によると、夢洲では24年にIR建設地の1期部分、25年に万博会場の2期部分が完成する計画だ。

将来は長期滞在が可能なリゾート地区の開発も進める。すべて完成した場合は年間3000万人の集客を見込む。

IR・万博の誘致が決まれば再開発が進む http://www.nikkei.com/content/pic/20170721/96958A9F889DE3EBE2EAE2E3EBE2E0E2E2E5E0E2E3E59E9993E2E2E2-DSXMZO1908020020072017LKA001-PN1-5.jpg

配信 2017/7/21 2:30 日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19080190Q7A720C1LKA000/

【【IR誘致/大阪】変貌なるか夢洲 京阪、京都に直通 近鉄、海遊館移転 IR・万博誘致にらむ 再開発を検討】の続きを読む

【経済】ギャラクシー、日本のカジノ運営で出資比率は柔軟に対応=メッカ社長

 galaxy
1: みつを ★ 2017/03/29(水) 20:36:32.52 ID:CAP_USER9
http://jp.mobile.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN1700OG

[東京 29日 ロイター] – マカオのカジノ運営会社ギャラクシー・エンターテインメント(0027.HK)のマイケル・メッカ社長は29日、日本のカジノを含む統合型リゾート(IR)の運営会社の出資比率について、過半にこだわらず柔軟に対応するとの意向を示した。

ロイターとのインタビューで述べた。

外資系のカジノ大手はかつて、日本でのカジノ運営は単独でできると発言し、これが国内企業との協業を軽視していると波紋を呼んだことがある。

近年は出資比率について、柔軟な姿勢を示すところが増えている。

メッカ社長も、「過半を出資したいと主張するつもりは全くない。(IRを招致する)地元企業などの意向にもよる」と述べ、運営に参画する企業との話し合いが重要との考えを示した。

ギャラクシーは同日、モナコ公国の高級ホテルのオーナー・運営会社のモンテカルロ・ソシエテ・デ・バンド・メール(SBM)(BAIN.PA)と戦略的提携を正式に成立し、日本を含むアジアのIRの開発や運営を共同で行う方針を明らかにした。

ギャラクシーがマカオで運営するIRには日本のホテルオークラ(東京都港区)が入るなど、協業関係が続いている。

メッカ氏は、日本でIR運営の権利を獲得した場合、ホテルオークラを誘致したいかとの問いに対し「(ホテルオークラとの)パートナーシップを大変評価している。これからも続くといいと思う」と述べ、今後の関係継続に期待をにじませた。

ギャラクシーは、約2年半前に東京に拠点を構え、カジノの完全解禁に備え、政府、地方自治体、国内企業などとの関係を強化している。

メッカ社長は、大規模型、地方型など、希望するロケーションについては明言せず、「ほぼすべての主要都市を訪問し、関係を強化している」とした。

日本では、今年12月までにIR実施法案が国会に提出される予定で、税率やマネーロンダリング(資金洗浄)対策などの詳細が固まる見通し。

(江本恵美 トム・ウィルソン)

2017年 3月 29日 4:29 PM JST

【【経済】ギャラクシー、日本のカジノ運営で出資比率は柔軟に対応=メッカ社長】の続きを読む

【賭博】カジノ解禁で海外運営会社が日本に熱視線 ラスベガスの4倍の収入見込む

 caaaasino

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/28(水) 09:31:56.32 ID:CAP_USER
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-12-26/OIKETJ6K50YD01

10年余りにわたり世界のカジノ業界の中心はマカオだったが、中国政府の反腐敗運動で同地へのVIP客は大きく減少した。 この穴を埋める次の目玉として業界が期待しているのは、日本のカジノだ。何年も遅れたが、 日本の国会で15日、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法がとうとう成立した。   日本のカジノは単独という形にはならず、シンガポールで米ラスベガス・サンズやマレーシアのカジノ大手ゲンティンが運営しているような大型リゾート施設の一部となる見通しだ。この2つのIRは、シンガポールをマカオとラスベガスに次ぐ世界3位のカジノ市場に押し上げた。

  ただ、ユニオン・ゲーミング・グループのアナリスト、グラント・ガバートセン氏は、日本はアジアの他のどのカジノ市場とも異なる市場になるだろうと予想。日本は人口が多く、国民1人当たりの所得が高いため、中国など外国からの顧客に頼る必要がないからだという。投資銀行CLSAの推定によると、日本の年間カジノ収入は いずれ250億ドル(約3兆円)超に達する可能性がある。これはラスベガスの昨年のカジノ収入の4倍近くに相当する。ガバートセン氏は、カジノ運営会社にとって「日本は開発すれば、近い将来に最大の収入とキャッシュフローを生み出してくれる未開拓の機会だ」と述べた。


(続きはサイトで)

【【賭博】カジノ解禁で海外運営会社が日本に熱視線 ラスベガスの4倍の収入見込む】の続きを読む

【中国】中国人悲鳴「現金を引き出せない!!」 世界有数カジノ株、大暴落のワケ

 casino

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/12/10(土) 02:20:43.62 ID:CAP_USER
すでにかなり以前からハイローラー向けの特別室(テーブル)は中国人だらけという現象が起きていたマカオやラスベガスのカジノ。このほど、「あること」が原因でカジノ株がたった一日にして大幅に下落してしまったことを英米の多くのメディアが伝えている。

世界の名だたるカジノ、そしてカジノ系リゾートホテルの経営は今、とにかく“爆打ち”とも呼ぶべき中国人の大散財にかかっている。彼らのミニマムベット(掛け金の最低額)は3万円から10万円が普通であるからだ。そんな中、「ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)」、「ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands)」、「メルコ・クラウン・エンターテイメント(Melco Crown Entertainment)」などラスベガスやマカオで大型カジノの運営にあたってきた企業が、8日のたった一日でいずれも株価を10%以上も下落させてしまった。

その原因は、中国人のサイフのふくらみを大きく左右するATMの現金引き落とし限度額の調整。海外で遊ぶ中国本土の人々は主に中国銀聯(ユニオンペイ)のクレジットカードを使用すると言われているが、最近マカオでATMから合計100億パタカ(約1,430億円)もの額がたった1か月の間に引き出されたことを受け、いくつかの銀行が一日あたりのATM引き落とし限度額を一人につき約14万円から約7万円へと下げることを検討。この土曜日にそれが施行となると『南華早報(South China Morning Post)』も報じている。

これを受けて中国人カジノファンや投資家にマイナスの心理が働くことを懸念するのは当然のこと。イケイケ一点張りで来たカジノ産業に久しぶりに後ろ向きな話題が登場したようだ。ちなみに日本でもカジノ解禁となれば、ATMから引き出した分厚い札束を握りしめた多くの中国人がハイローラーとしてテーブルにつくことになるであろう。ラスベガスやマカオといった本場で存分に仕込まれているだけに、相当なツワモノと覚悟しておく必要がありそうだ。

出典:
Home

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

http://japan.techinsight.jp/2016/12/yokote201612090903.html

【【中国】中国人悲鳴「現金を引き出せない!!」 世界有数カジノ株、大暴落のワケ】の続きを読む

セガ、「バカラ遊技機」を発表、これパチンコ並にインチキ臭いだろwww

 baccarat

1: カジノ速報 2016/12/07(水) 12:12:13.82 ID:PlfkR46V0
セガサミークリエイション㈱(小口久雄代表取締役社長)は、11月15日から17日までの3日間、 中華人民共和国マカオ特別行政区の大型カジノ施設「The Venetian Macao(ザ・ベネチアンマカオ)」で開催された「MGS Entertainment Show-Creativity and Innovation(MGS2016)」に出展。また11月11日より、マカオのコタイ地区に新設された大手カジノ施設において、同社製品第2弾となる
「Exciting Baccarat(エキサイティング・バカラ)」の稼働がスタートしたことを発表した。

http://yugi-nippon.com/blog/wp-content/uploads/2016/12/ssc_data_MGS2016_01-768×563.jpg

同展示会は、MGEMA(Macau Gaming Equipment Manufacturers Association)が主催するマカオ発の展示会で、今回で4回目の開催。世界中の国や地域から企業が集い、ゲーミング機器をはじめとした各社製品やゲームコンテンツ・サービス等のほか、飲食や教育、メディアといった様々なジャンルの企業も出展するエンタテインメントに富んだ大型見本市となっている。

同社は今回で3回目の出展となり、MGS2016の開催直前に、マカオのコタイ地区に新設されたばかりの大手カジノ施設でデビューを果たした「Exciting Baccarat」を出展した他、セガサミーグループのコンテンツである「UFOキャッチャー」のタッチ&トライコーナーを設置。ブースには、多くの来場者が訪れ大盛況となった。

新たに稼動開始した「Exciting Baccarat」は、マカオで最も人気があるカジノゲームの一つである「バカラ」をモチーフにしたビデオバカラゲーム機。通常ルールでのゲームはもちろん、ゲームに勝利すればPROGRESSIVE JACKPOTを含め、より多く、チップ獲得のチャンスが広がるサイドベットゲーム”EXCITING REWARD”を搭載した、戦略性と洞察力が勝利のカギを握る、エキサイティングな仕様となっている。
http://www.yugi-nippon.com/?p=11012

【セガ、「バカラ遊技機」を発表、これパチンコ並にインチキ臭いだろwww】の続きを読む