お金まとめ,ギャンブルまとめ

 moujyan

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/30(金) 23:53:05.80 ID:EWpKlNMY
雀士:加賀まりこ/児嶋一哉(アンジャッシュ)/坂上忍/萩原聖人
MC:ガダルカナル・タカ
解説:古久根英孝/土田浩翔
アシスタント:橘ゆりか

ギャンブルまとめ,カジノニュース,カジノまとめ

 caaaasino

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/28(水) 09:31:56.32 ID:CAP_USER
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-12-26/OIKETJ6K50YD01

10年余りにわたり世界のカジノ業界の中心はマカオだったが、中国政府の反腐敗運動で同地へのVIP客は大きく減少した。 この穴を埋める次の目玉として業界が期待しているのは、日本のカジノだ。何年も遅れたが、 日本の国会で15日、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法がとうとう成立した。   日本のカジノは単独という形にはならず、シンガポールで米ラスベガス・サンズやマレーシアのカジノ大手ゲンティンが運営しているような大型リゾート施設の一部となる見通しだ。この2つのIRは、シンガポールをマカオとラスベガスに次ぐ世界3位のカジノ市場に押し上げた。

  ただ、ユニオン・ゲーミング・グループのアナリスト、グラント・ガバートセン氏は、日本はアジアの他のどのカジノ市場とも異なる市場になるだろうと予想。日本は人口が多く、国民1人当たりの所得が高いため、中国など外国からの顧客に頼る必要がないからだという。投資銀行CLSAの推定によると、日本の年間カジノ収入は いずれ250億ドル(約3兆円)超に達する可能性がある。これはラスベガスの昨年のカジノ収入の4倍近くに相当する。ガバートセン氏は、カジノ運営会社にとって「日本は開発すれば、近い将来に最大の収入とキャッシュフローを生み出してくれる未開拓の機会だ」と述べた。


(続きはサイトで)

ギャンブルまとめ

 saki

1: カジノ速報 2016/12/23(金) 13:41:11.27 ID:NbdzhjPy0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
女子高生が麻雀を…異色ドラマ「咲-Saki-」の見どころ

「咲-Saki-」(TBS系)は、小林立の麻雀漫画が原作のドラマだ。

主人公の宮永咲(浜辺美波)は、一見ごく普通のおとなしい女子高生だが、麻雀では誰にも負けない天才的な勝負勘と強運を発揮する。現在は高校の麻雀部に入ったばかり。それぞれ個性的な仲間たちと県大会、 そして全国を目指すことになる。

一つ目の見どころは、「四暗刻」「嶺上開花」といった役が飛び出す対戦場面だ。麻雀を知っている人はもちろん、知らない人でもつい見入ってしまう緊迫感と高揚感がある。しかも雀士はセーラー服の女子高生。このギャップが面白い。

次に見るべき点は、麻雀という勝負を描くこのドラマが、出演者たちにとっても“勝負の場”になっていることだ。初主演の浜辺は「東宝シンデレラ」ニュージェネレーション賞の受賞者。麻雀部員にはSUPER☆GiRLSのメンバー・浅川梨奈、私立恵比寿中学の廣田あいか、元「ニコラ」専属モデルの古畑星夏らがいる。皆、ライバルだ。

また他校の麻雀部でも、人気モデルの武田玲奈、バラエティーでも見るようになった山地まり、AKB48の元メンバー・永尾まりやらが出番を待っている。にぎやかだ。

女子高生たちが雀卓を囲む異色の麻雀ドラマであるだけでなく、4校20人が競い合う、“動くグラビア大会”としてのカロリーもかなり高い。

(上智大学教授・碓井広義=メディア論)
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161221/Gendai_65961.html



咲-Saki- 16巻は12月24日発売!
スピンオフの シノハユ 7巻、咲日和 6巻、怜-Toki- 1巻 も同時発売!

咲-Saki- 16巻
竜華と怜が表紙
View post on imgur.com

シノハユ 7巻
ついに杏果ちゃんが表紙に なんと朝酌高校の制服
View post on imgur.com

咲日和 6巻
咲さんかわいい
View post on imgur.com

怜-Toki- 1巻
小学生の頃の竜華がエロすぎると話題
View post on imgur.com

ギャンブルまとめ

 keiba

1: カジノ速報 2016/12/23(金) 19:42:32.47 ID:CAP_USER9
◆競馬「1番人気」に賭け続ければ儲かる? 実際に検証してみると…

競馬で、高い確率で勝てる方法はないものか。もし発見できれば、一か八かの賭け事が安全確実な投資になるわけだ。 10月には、4億2000万円を的中させた大阪・寝屋川市の公務員が脱税に問われ、話題になった。実は、2016年に行われたGIレースで、ギャンブラー禁断の“1番人気投資”をすれば、確実に儲けることができたのである。

寝屋川市の公務員は、JRA指定の5レースで1着を予想する「WIN5」という馬券を購入。4年前に約5600万円、2年前に約2億3200万円など計4億2000万円を的中させたものの、税務申告をしておらず、大阪地検によって在宅起訴された。

宝くじ並みの確率である「WIN5」でぼろ儲けしたわけだが、それほどの金額ではなくとも確実に儲かる方法はないものか。オッズ(予想配当率)は低くなるとはいえ、勝つ可能性が高いのは、やはり1番人気である。そこで、2016年のこれまでに開催された、フェブラリーステークスからチャンピオンズカップまでのGIレースで検証してみた。

表: http://i.imgur.com/Q6Rd8RP.jpg

表のように、20レースで、1番人気の8種類の馬券すべてを100円ずつ購入すると、賭け金はトータル1万6000円。そのうち、46枚が的中し、払戻金は2万5840円になった。結果、9840円の儲けとなり、利回りは62%に上った。

もしや、“1番人気投資”は、画期的な馬券の購入法なのか。そこで、過去10年分のGIレースでも調べた。

すると、08年に利回りが30%、11年には63%を記録したものの、他の年は利益を出すことなく、元本割れとなった。しかも、10年間トータルの利回りでは、マイナス14%。ただ、馬券の売上の約25%がJRAの取り分であることを考慮すれば、まずまずの成果だと言えなくもない。

◇38%の利回り

さらに、1番人気の馬券への賭け金を倍々にして購入していくという方法も試してみた。まず100円で馬券を買い、負けたときは次のレースで200円、さらに負けたら400円と増やしていき、的中した場合でもオッズが2倍以下なら、そのまま続行。2倍以上で的中したら、次のレースから100円に戻して、同じことを繰り返す。

表の20レースにおける単勝馬券でシミュレーションするとどうなったか。賭け金のトータルは1万900円で、払戻金は1万4100円。3200円の儲けで、利回りは29%。過去10年では、倍々購入法のトータルの利回りは38%に達する。つまり、コインランドリー投資と同レベルの収益を上げられるのだ。

実は、負けたら倍額を賭けるというこの方法は、理論上、絶対に負けることはない。しかし、時には、賭け金が莫大な額になることもある。例えば、09年は、マイルチャンピオンシップまでの18レースにわたって、1番人気が2倍以上のオッズで的中せず、次のレースでは2500万円以上を投じなければならなくなった。

この投資法のポイントは、資金力と精神力を保てるかどうか……。

(▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

デイリー新潮 2016/12/23(金) 8:00
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161223-00515822-shincho-life